Home ファッション スージー・メンケスのニューヨーク・ファッション・ウィーク評 ――#SuzyNYFW: ラルフ・ローレンによるジャマイカの牧歌。

スージー・メンケスのニューヨーク・ファッション・ウィーク評 ――#SuzyNYFW: ラルフ・ローレンによるジャマイカの牧歌。

1 min read
0
30

ラルフローレンが「See Now, Buy Now」スタイルの即時販売向けにきちんとした印象のカリビアン風コレクションをローンチ。

ニューヨークで行われたラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクションに出席したデイヴィッド・ローレン、ローレン・ブッシュ・ローレン、ヒラリー・スワンク。Photo: @SUZYMENKESVOGUE

ヤシの葉がやさしい風にそよぐ、のどかな別荘……ニューヨークでの肌寒い冬の強風や雨に比べると、ラルフ・ローレンがジャマイカでのバケーションからインスピレーションを受けても不思議はない。

ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。Photo: INDIGITAL.TV
ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。Photo: INDIGITAL.TV

しかし「See Now, Buy Now」販売システムを採用したラルフローレンは、本当にスローボートでカリブ諸国へと向かったのだろうか? 外洋船と言ったほうがいいかもしれない。何といっても、サマードレスに細い船首がぐるりとプリントされているのだから。

ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。Photo: INDIGITAL.TV

ちょっと陳腐だったかもしれないが、実際、ショーを章立てしたことは多様な民族からなる面々を手軽にランウェイに登場させるのに役立った。

ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。Photo: INDIGITAL.TV

「カラフルで、ふさわしいムード、ふさわしいハッピーな感じを出せたと思います。」おなじみの長いランウェイウォークを済ませ、フロントローに座ったスターのヒラリー・スワンクとケイティ・ホームズを含む友人や家族と抱擁を交わした後、ラルフ・ローレンはバックステージでそう語った。

ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。Photo: INDIGITAL.TV
ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。Photo: INDIGITAL.TV

一際目立った色は青と白、赤と明るい黄色からなる海軍をイメージするカラーだ。ブランドの位置づけを考慮して、どの色も新鮮でスポーティーだが、ハイエンドではないルックスとなっていた。

ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。 Photo: INDIGITAL.TV

オープニングを飾ったフラワープリントやブリーチデニム加工が施されたサマードレスには、前世紀のボードウォークから飛び出してきたような新鮮さがみられた。それらを着ているモデルの多くが肌の色の濃い女性たちであったという事実が、ラルフローレンという会社は自らのテリトリー外へ出ようとしているという感覚を強化していた。しかし、それはかつての憧れのカリブの至福を見ているかのようであった。

ラルフローレン2018年春夏プレタポルテコレクション。Photo: INDIGITAL.TV
歴史的な外洋船とそれにまつわるあらゆる社会的慣習というテーマは、(米国での展示を終えた後)現在ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館で展示が行われている。芸術と商業がぴったりかみ合っている時というのは、実に興味深いものだ。 
ラルフローレンは「See Now, Buy Now」現象を歓迎している。ラルフローレンの2018年初夏コレクションはキャットウォークにてデビューを飾ってからわずか数時間後、サックス・フィフス・アベニューにて販売された。ネイビーのクロシェドレス$2,390、ストラップレスサンドレス$2,290。Photo: @SUZYMENKESVOGUE

すぐに得られるファッションの満足感を提供することはいくつかのブランドにおいて実際に効果を上げているようだ。ラルフローレンのコレクションを追いかけてサックス・フィフス・アベニューへ向かうと、午前のクライアントショーの3時間後、顧客たちは対面販売にてランウェイに登場した服をその場で購入していた。店内では例の外洋船はセンターステージを飾っていなかったようだが、もしかするとバケーション気分の顧客の元にすでに出航していたのかもしれない。

ラルフ・ローレンと共にジャマイカでのバカンスへ。Photo by Instagram/@suzymenkesvogue/ Suzy Menkes
Follow Suzy Menkes on Instagram, Twitter and Facebook.

Let’s block ads! (Why?)


Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Check Also

日本を訪れる観光客の急増は世界的にも前代未聞の勢い、グラフで見るとこんな感じ

by Luka Siemionov 外国人観光客の姿を…