Home ファッション 流行 ティファニーでライブを。(Jennifer Berk)

ティファニーでライブを。(Jennifer Berk)

12 second read
0
11

先月末、NY5番街のティファニー本店のルーフトップで、ラッパーのエイサップ・ファーグがライブを開催!エクスクルーシブなイベントを現地よりレポート。

ティファニー本店で夢の時間。

ラッパーのエイサップ・ファーグが、ティファニーの5番街本店を占拠!ティファニーの “ビリーブ・イン・ドリーム” キャンペーンで、エイサップ・ファーグとコラボレーションし、本店の屋上でライブが行われました。

限られたゲストだけで、エイサップ・ファーグのパフォーマンスを間近で見られて、まさに夢のような時間。

「放課後よくティファニーの前を通っていたけど、今はその中でパフォーマンスしている自分がいる。夢は叶うものなんだ。」とエイサップ・ファーグも語り、彼にとっても夢のひとときだったよう。

『ティファニーで朝食を』にオマージュを捧げて。

『ティファニーで朝食を』にオマージュを捧げて。
会場に並ぶベンチには、『ティファニーで朝食を』の主題歌「ムーン・リバー」の歌詞が書かれている。

背景にはセントラルパーク。贅沢な空間。

今回のティファニーのキャンペーンは、リード・クラッコフがティファニーのために手がけた初のジュエリーコレクション ”ティファニー ペーパーフラワー” 。昔図工の授業で作ったペーパーフラワーが着想になっているのだそう。キャンペーンそのものには、『ティファニーで朝食を』(1961年)へのオマージュが。

エイサップ・ファーグはエル・ファニングと手がけた、「ムーン・リバー」のリミックスヴァージョンを、今回のライブで披露。ティファニーが手がける初のオリジナルソングとして、Spotifyでも配信中です。

モダンなミックスを効かせて蘇る。

モダンなミックスを効かせて蘇る。
ストリートテイストで描かれているのは、ティファニーの創業者、チャールズ・ルイス・ティファニー。

「今回のムーン・リバーも”ペーパーフラワー”コレクションと同様に、モダンなリミックスが効いていて、誰でも楽しんでもらえると思うんだ。」老若男女問わずに楽しめるティファニーというブランドのようにね、とエイサップ・ファーグは思いを込めてゲストたちを盛り上げたのでした。

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

アイルランド→東京→アイルランド→東京の採算度外視すぎる超限定ウイスキー、そのお味は?(GetNavi web)

情報提供: 「ӟ … …