Home ファッション 写真 史上最大規模の「猫写真展」が横浜赤レンガ倉庫で – 約500点の作品が集結、グッズ販売も

史上最大規模の「猫写真展」が横浜赤レンガ倉庫で – 約500点の作品が集結、グッズ販売も

35 second read
0
8

大規模写真展「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018」が、2018年7月11日(水)から7月17日(火)まで、横浜赤レンガ倉庫にて開催される。

史上最大規模の「猫写真展」

いつの時代も人を魅了してやまない普遍的な被写体「猫」をテーマにした本展は、横浜赤レンガ倉庫の広大な展示スペースに約500点の作品が展示される、史上最大規模の「猫写真展」。

プロアマ問わず、あらゆるジャンルの猫写真が集結

©寝子

出展者は、1年間かけて行われたFacebookでのコンペ上位者から、猫を追い続ける新進気鋭のアマチュア猫写真家、海外の写真作家、「猫」をキーワードに作品制作を依頼したプロフォトグラファーまで様々。そのごか、メデイアや企業とのコラボ企画枠を設けるなど、アート、ドキュメンタリー、キャラクター猫作品など、様々な側面から猫写真の魅力に迫る。

オリジナル猫グッズの販売やトークショーも

©沖昌之

また、一部の展示スペースでは、出展者によるオリジナル作品や、企画用に制作されたオリジナルプレミアムフォトブックなどの猫写真関連グッズを販売。土日を中心に、トークショーも実施される。

開催概要

「横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2018」
開催期間:2018年7月11日(水)〜7月17日(火)
時間:10:00〜19:00
※最終日は15:00まで
※入場受付は終了の30分前迄
会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館 2階全イベントスペース
入場料:500円(小学生以下無料)
※当日に限り再入場可。

<出展者情報>
■スペシャルゲスト
小澤太一・鹿野貴司・竹沢うるま・中西敏貴・長根広和・星野佑佳・山本まりこ
■出展者(順不同)
池口正和・池野武志・石井尚顕・市川 淳一・伊藤 匠・内田 園子・Junya Umetsu・大越香絵・ 岡崎リョウタ・沖昌之・金森玲奈・上林利寛・河井蓬・きょーこ♪&のぼー・川上卓也・熊谷忠浩・蔵人・Kurihara Masayuki・齊木一貫・Kazuya Saito・阪靖之・阪井壱成・サトウミキ・渋谷昌章・田川和彦・寺本成貴・teru・寝子・ねこしめ・猫夫人(簡佩玲)・はにぶちひろあき・久野大介・平林佳代子・Photographe ikuyo・星野俊光・MARCO・御木茂則・南幅俊輔・柳沢諏訪郎・吉田裕吏洋
■企画展示
大佛次郎記念館

Let’s block ads! (Why?)


Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Check Also

「アルコールアレルギー」対策は 皮膚検査などで体質知って

[PR]  ビアガーデンでの…