Home 芸能 病院から「子作り禁止令」/25日芸能社会ニュース

病院から「子作り禁止令」/25日芸能社会ニュース

26 second read
0
1,049

 12月25日の芸能・社会ニュースをまとめて振り返ります。木村拓哉(45)が、前日24日に女優宮崎あおい(32)との結婚を発表したジャニーズ事務所の後輩、V6岡田准一(37)を祝福しました。岡田とは10年放送の木村が主演したスペシャルドラマ「忠臣蔵1/47」で共演しています。また道端アンジェリカ(32)が、交際中の韓国人一般男性と結婚したとファクスで発表しました。

12月25日の芸能ニュース振り返り

木村拓哉、岡田准一は「できたやつ」結婚報告あった

<詳細記事>

宮崎あおい

国分太一「そりゃないよ」岡田から結婚報告なく嘆き

<詳細記事>

宮崎あおい
宮崎あおい

misono「子作り禁止」病院で注意される

<詳細記事>

misono(17年9月1日撮影)
misono(17年9月1日撮影)

走り続けた「陸王」20・5%大台突破で有終ゴール

<詳細記事>

「陸王」クランクアップ後に3000人超のエキストラと記念撮影する役所広司(中央)ら俳優陣
「陸王」クランクアップ後に3000人超のエキストラと記念撮影する役所広司(中央)ら俳優陣

オードリー24時間ラジオ完走 斉藤由貴は現れず

<詳細記事>

「第43回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」で24時間の放送を完走したオードリーの若林正恭(左)と春日俊彰
「第43回ラジオ・チャリティ・ミュージックソン」で24時間の放送を完走したオードリーの若林正恭(左)と春日俊彰

松本人志「初めて娘の前でチキンライス」に感動の嵐

<詳細記事>

松本人志
松本人志

高樹沙耶被告が涙の訴え 大麻「釈明の場なかった」

<詳細記事>

高樹沙耶被告
高樹沙耶被告

吉川晃司が手術に迷い「若い声になってたまるか」

<詳細記事>

吉川晃司
吉川晃司

道端アンジェリカが結婚、交際中の韓国人一般男性と

<詳細記事>

道端アンジェリカ
道端アンジェリカ

広瀬すず髪バッサリ引き込まれる“ハリカ”表情4種

<詳細記事>

広瀬すず主演の日本テレビ系連続ドラマ「anone」のポスター
広瀬すず主演の日本テレビ系連続ドラマ「anone」のポスター

土屋太鳳、佐藤健に手紙「笑顔は最高にすてき」

<詳細記事>

一般人カップルの公開プロポーズを見守った佐藤健(左)と土屋太鳳(撮影・横山慧)
一般人カップルの公開プロポーズを見守った佐藤健(左)と土屋太鳳(撮影・横山慧)

Let’s block ads! (Why?)


Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Check Also

「アルコールアレルギー」対策は 皮膚検査などで体質知って

[PR]  ビアガーデンでの…

Must Read

「アルコールアレルギー」対策は 皮膚検査などで体質知って

[PR]  ビアガーデンでの宴席などが増える季節になった。できれば楽しく飲みたいが、年齢を重ねるにつれ、飲酒がつらくなったり、体のかゆみや息苦しさを覚えたりする人もいるようだ。「アルコールアレルギー」とも称されるさまざまな症状に詳しい2人の専門家に、原因や対策などを聞いた。【鈴木美穂】 加齢に伴い突然発症も/種類ではなく量が関係/原料や添加物が影響も  お酒を飲んだ後、顔が赤くなったり、じんましんができたり、呼吸が苦しくなったりした経験はないだろうか。ある年齢から「飲むこと自体がきつくなってきた」という人もいるかもしれない。お酒の強さは遺伝的背景が大きく、それが「酵素」の働きの違いからくることは知られている。復習の意味も込めて、アルコール(エタノール)が体内で分解される際のメカニズムを専門家に解説してもらった。  まずは、用賀アレルギークリニック(東京都世田谷区)の永倉俊和院長。アレルギーに関し、数多くの本を著している。  吐き気など飲酒後に生じるさまざまな症状は、アルコールを分解する過程で、ある酵素が不足するため、アセトアルデヒドという有害物質が分解されずに体内に残存するために起きる。いわば、「一種の代謝疾患」だ。飲酒後に呼吸が乱れる「アルコール誘発ぜんそく」が知られているが、永倉さんは「それ以外にも、頭痛や皮膚の発疹、めまい、脱力感、鼻が詰まるなどの症状が出る場合があります」と指摘する。  国立病院機構東京病院(東京都清瀬市)名誉院長の大田健さんも「酵素の働きの良しあしがお酒の強さ、弱さの決め手となります」。飲酒後、顔が赤くなるか、ならないかを目安にすると分かりやすい。真っ赤になる人は酵素の働きが乏しく、顔色が変わらない人は酵素が働き、酒豪の傾向にある。  大田さんは「生まれつき決まっていますが」と言って、こう付け加えた。「中年から高齢になるにつれて酵素の働きが弱り、これまで無縁だった症状が突然、出る人もいるので注意が必要です」。そのメカニズムは解明されていないという。これまでお酒が飲めたからといって、同じ調子で飲み続けられるとは限らないらしい。  体内に摂取されたアルコールの多くは胃や小腸で吸収され、速やかに分解される。この分解には主に二つの酵素が関わっている。一つ目は「アルコール脱水素酵素」(ADH)で、エタノールを有害物質のアセトアルデヒドに分解する。問題は二つ目の酵素「2型アセトアルデヒド脱水素酵素」(ALDH2)。アセトアルデヒドを体に害のない酢酸(さくさん)に分解する。酢酸は、最終的には水と二酸化炭素として体外に排出される。  この二つ目の酵素には、アセトアルデヒドを分解できる「活性型」のほかに▽分解する機能が弱い「不活性型」▽分解できない「非活性型」--がある。大田さんによると、酵素の型は生まれつき決まっており、人種でも差がある。「日本人の半数が『不活性型』か『非活性型』のいずれかで、元々が下戸か、酒が弱い人種なのです。肝臓の大小も酒の強さに関係するとされ、体が小さい人よりも大きい人、女性よりも男性の方が強いと言われています」  お酒がもたらすさまざまな症状は一般には「アルコールアレルギー」と呼ばれることが多い。だが、これは通称・俗称であり、医学用語ではない。大田さんは「アレルギーとは本来『免疫反応を介した体に不利な反応』で、酵素の働きとは関係ない。ただ、かゆみや息苦しさなどの症状が似通っているため、この呼び名が広がったのだろうと思います」。  飲酒後、つらい症状に直面し、自分や周囲が慌てることがないように、普段から自分の「体質」を知っておくことは重要だ。  そのための検査方法は複数あるが、簡易で安価な「皮膚検査(パッチテスト)」が一般的だという。内科や皮膚科などで受けられる。永倉さんは「皮膚検査は薬を内服していない時に行い、費用は1項目160円。結果は15分後に出ます。皮膚の発赤、腫れなどの有無でチェックします」。  自宅で行う方法もある。大田さんによると(1)ガーゼや脱脂綿に市販の消毒用アルコール(70%)を含ませ、上腕部の内側に貼る(2)7分間そのままにした後に剥がし、10分後に様子を観察する。「皮膚が赤くなれば酵素は『非活性型』か『不活性型』、変わらない場合は『活性型』と判定できます。唾液などを採取する遺伝子検査もありますが、費用面などを考えると皮膚検査が推奨されるでしょう」 …

インテルがスポーツビジネスに力を入れる理由

「インテル・キャピタル・グローバルサミット2018」に、NBA名誉コミッショナーのデビッド・スターン氏が登壇(右)、左はインテル・スポーツ・グループのグローバル事業開発担当副社長のハワード・ライト氏 インテル・キャピタルは1年間でスポーツ系ベンチャーに15憶ドル投資  「インテル」と「スポーツ」という組み合わせは、意外だろうか。  インテルは、去る5月8日から10日までカリフォルニアで開かれた「インテル・キャピタル・グローバルサミット2018」で、NBA(全米プロ・バスケットボール協会)との「イマージング・テクノロジー・イニシアティブ」を発表した。これは、今後発展が期待できるスポーツ・テックとエンターテインメント分野に、数年にわたって共同で投資を行うというものだ。  こうしたスポーツ・テックには、スタジアムでの観戦の方法、テレビやオンラインでの中継の体験、ゲームの判定、選手の成績記録、スポーツ・トレーニング、ファン・ベースとのコミュニケーション方法など、スポーツにまつわる幅広い事項を変革するイノベーションが含まれる。  インテルとNBAは、そうした分野で興味深いテクノロジーを開発するスタートアップなどを発掘し、NBAスポーツのあり方を変えていこうというわけだ。  インテル・キャピタルの会長兼インテル副社長であるウェンデル・ブルックス氏は、「2017年にスポーツ分野でのベンチャー投資は総額15億ドルになっている。NBAとのイニシャティブは、スポーツとエンターテインメントに次の波を起こすような会社へ、両者が持つ人材や資金を注ぎ込む」と説明する。 「スポーツはデータ」  実は、インテルはもう数年前からスポーツにかなり投資を行ってきた。その背後にあるのは、「スポーツはデータだ」という考えである。  様々なものがインターネットで置換されてきた中で、スポーツは依然として人々の関心の的であり続けている。スタジアムに集まってリアルタイムで観戦することの魅力は消えず、またメジャー・ゲームの日には友人たちと集まって自宅でテレビ観戦するのは、今でも全米の家庭で続けられている習慣だ。大スクリーンで試合中継を見せるスポーツバーは、どこの街でも人気だし、地元のリトルリーグや中高校のスポーツも、アメリカ国民には重要なイベントである。  アメリカでは、2000~2014年の間にフットボール、野球、バスケットボール、ホッケーの45のスタジアムが改築されている。また多くのスタジアムが都市部に移動し、再開発の目玉にもなっている。スタジアムという場所が、人々にとってどれほど大切なのかがわかる。  またスポーツは、データを生み出す市場でもある。試合記録だけでなく、観客の動向、選手の成績などを統合して新たなスポーツ体験が生まれるし、またテクノロジーによって全く新しい方法でスポーツが楽しめるようになっている。 1 Let’s …

Load more
%d bloggers like this: