Home 芸能 スポーツ 障害者スポーツ大会に天皇杯や皇后杯 車いすバスケなど

障害者スポーツ大会に天皇杯や皇后杯 車いすバスケなど

7 second read
0
27

 宮内庁は13日、車いすバスケなど障害者スポーツの4大会に天皇杯や皇后杯を授与すると発表した。障害者スポーツの大会の優勝者に初めて、天皇杯、皇后杯が贈られることになる。長年、障害者スポーツの進展を願い、大会に足を運んできた両陛下のお気持ちを踏まえ、退位前に杯を出すことがふさわしいと判断した。

 天皇杯は日本車いすバスケットボール選手権、飯塚国際車いすテニス、全国車いす駅伝競走の各大会に、皇后杯は飯塚国際車いすテニス、日本女子車いすバスケットボール選手権の両大会に授与される。23日に、宮内庁の西村泰彦次長が主催団体を統括する日本障がい者スポーツ協会の鳥原光憲会長に銀杯を渡す。

 宮内庁は大会の規模や歴史、国民への普及具合などに鑑み、現在20のスポーツ大会に天皇杯、12大会に皇后杯を出している。障害者スポーツも進展がめざましく、発展も期待されることなどを考慮した。

 天皇陛下は1964年の東京パラリンピックで大会の名誉総裁を務め、65年から始まった全国身体障害者スポーツ大会(現在の全国障害者スポーツ大会)に、皇后さまと20回以上足を運んでいる。(中田絢子

Let’s block ads! (Why?)


Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also

旬の野菜「みょうが」の栄養成分や期待できる美容・健康効果について

みょうがに含ま … …